防災に強い賃貸建物

このエントリーをはてなブックマークに追加

防災に強い賃貸建物を選ぶとき何を優先するか?
大抵は予算優先で万一の事などあまり考えていませんよね。

震災に強かったのはコンクリート鉄筋と軽量鉄骨
当然耐震性が高いのはコンクリート鉄筋製ですが、いかんせん建造コストがかかるので賃貸としても高くなります。
安いアパートを探すと木造が多くなりますが、震災以前の建築基準では、震度6強以上だと倒壊する可能性もありおすすめできません。
そこで、ご存知の方もおられると思いますが「軽量鉄骨」いわゆるプレハブがおすすめです。
神戸の震災の時もほとんど倒壊などの被害がなく、柳に風で揺れるけど倒壊しないで多くの人命を救いました。
では、庶民にとってどこのプレハブ賃貸が良いか私見ですが下記がオススメとなります。

積和不動産のマスト
プレハブ大手の積水ハウスが親会社の積和不動産が手掛ける賃貸で、製造、建築、賃貸を1社で行うことで
中間コストをカットしているので他の物件より住宅設備が良いのに1万円は安く感じます。

水害に強かったのはコンクリート鉄筋
木造やプレハブ構造が基礎のみを残し流されているのに、コンクリート鉄筋製はやはり頑丈でほとんど流されてはいません。
やはり、震災と水害ともに強いのはコンクリート鉄筋がオススメとなります。
では、庶民にとってどこのコンクリート鉄筋賃貸が良いか私見ですが下記がオススメとなります。

旭化成不動産のヘーベルメゾン
発砲コンクリート大手の旭化成が親会社の旭化成不動産が手掛ける賃貸で、製造、建築、賃貸を1社で行うことで
中間コストをカットしているのでコンクリートなのに比較的安く感じます。

ロケーションによるオススメ賃貸
津波や洪水の心配のない海抜15m以上のない陸地や高台は【軽量鉄骨】
低地や沿岸部なら【コンクリート鉄筋】の3階以上の部屋
上記が賃貸料と万一の防災の際に命を守る防災に強い賃貸建物です。
あとは自身の予算と上記防災に強い賃貸建物に照らしてより良い賃貸物件を探しましょう。



弊社では、この自動引越し見積もりの仕組みを無料で利用できる「引っ越し業者見積もり.jp」を開設しております。掲載ご希望の配送・引越業者様は、登録無料なので下記フォームよりお問い合せ頂くか、担当こたけもりまで03-3635-2090にお電話ください。
【掲載問い合わせフォーム】
※ご注意事項
◇当サイトで自動見積もりで予約依頼しても予約したことにはなりません。折返し電話確認して予約となりますのでご了承願います。
◇予約日の2日前日からはキャンセル料が20%発生します。
◇基本料金では軽トラック1台で積めた分、作業員1名にお客様の手伝い必要、建物養生なし、紙段ボール無しとなります。
オプションで作業員の追加、建物養生、紙段ボール追加はできますのでご検討願います。